IJET-25(第25回英日・日英翻訳国際会議)報告 No.01

  • 投稿日:
  • by
IJET-25(第25回英日・日英翻訳国際会議)に行ってきました。

06/21 - 22に東京ビックサイトで開催されたIJET-25(第25回英日・日英翻訳国際会議)に行ってきました。
たくさんの出会いがあり、いくつかのセッションにも参加し、貴重な機会となりました。以下、簡単ですが、参加したセッションの報告をします。

R0011917.jpg

June-21
10:00-11:30

基調講演:村岡花子-『赤毛のアン』翻訳に託した未来への希望
基調講演者:村岡恵理(作家)

現在NHKで『花子とアン』が放映されていることもあり、タイムリーな内容だったと思う。男である私は、『赤毛のアン』を最後まで読み通したことはないのだが、非常に興味深く話を聞くことができ、大変良かったと思っている。特に、太平洋戦争中での翻訳が大変だったことは容易に想像でき、このような中で翻訳をやり遂げた女性のたくましさと素晴らしさを感じることができた。また、『花子とアン』には当然ながらフィクションの部分もあり、なるほどと楽しく話を聞くことができた。

June-21
13:15-14:30

「翻訳業界の未来とそのなかで翻訳者が取りうる道」
講演者:井口耕二氏

過去にも何度か井口氏の話は聞いているのだが、いつもながら実データを駆使したプレゼンには感心させられる。ご本人はパソコンでささっとデータを準備している様子なのだが、画面での提示の仕方が絶妙で、私のような人間にもよくわかる内容だった。

数字を使った細かい話も出たのだが、おおまかな結論としては、翻訳者は自分に合った方法を自ら考えることが大切であり、処理が速い人は速度を売りにすればよいし、得意分野がある人はそれを武器にすればよいのでは、ということだった。

14:45-16:00

「コミュニケーションとしての英文ライティングを再考する」
講演者:日向清人氏

実は今回IJETに参加したのは、日向氏の話を直接聞いてみたいというのが理由の一つだった。著書は何冊か目を通したことがあるのだが、どのような話し方をするのか実際に見てみたかったということだ。

著書の内容からある程度は予想はできたのだが、ディスコースやコンテキストなど、いくつかのキーワードを使用し、「コミュニケーション能力とは何か」という問いに対する氏の回答が提示された。問題は、回答で示されたことをどのように実践し、身に着けたらよいかということなのだが、これは私自身が今後自分で実践する過程で達成すべきことなのかと感じた。


17:30 -

「ネットワーキングディナー」

普段は会えない個人翻訳者の方々と出会うチャンスでもあるので、それなりに楽しめた。ただ、今回は参加者が多く、一部の方々としか話ができなかったのは残念。バイキング形式の食事だったが、みなさん行儀よく並んでいたのはさすがだった(列の最後尾がわからず気づいたらテーブルの周りを一周していたが)!