普段、仕事やプライベートで万年筆を使うことが多いのだが、ネットで何気なく見たNice Purに一目惚れしてしまった。

スケルトンはLAMY Safariをすでに所有しているので、質感の違い等も気になるところだ。 また、これに合わせてインクも新調することにした。仕事ではPelikan Blue Blackを使用しているので、異なる色調のものにしたいと思い、Waterman Mysterious Blueに決定。結論を言うと、この組み合わせは大正解!

R0012212.jpg
仕事で使用しているSailor Profit 21とは異なり、Nice Purのペン先は程よい硬さがあり、それでいて書き味は最初の書き出しから非常に滑らか。引っかかりは全く感じない。英文を高速で書いたり、思ったことをメモするには丁度良い固さだ。

Waterman Mysterious Blueの色味も非常に落ち着いた色調でストレスを感じずに済みそうだ。よく知られているように、このインクは書いた後に緑変する。どの程度変化するか事前にはわからなかったのだが、少なくとも手元にあるインクで試した限りでは許容範囲に収まっている。

ただ一つだけ気になる点がある。それはNice Purの字幅が予想よりも大分狭いことだ。今回は"M"ニブで注文したのだが、どう見ても"F"にしか見えない。若干太めの時幅で潤沢なインクフローを楽しもうと思ったのだが、完全に予想が外れたということだ。もちろん万年筆とインクの組み合わせは、銀塩カメラとフィルムの組み合わせと同様、100%の予測はできない。これはこれで一期一会ということで納得することにしよう。

Sailor Profit 21 (M) + ジェントル・インク(BB)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

手帳用にSailor Profit STD 21(F)を使っていたのだが、仕事用にもう少し太いペンが欲しくなり、迷った末にProfit 21 (M)を購入した。

Profit STD 21(F)にはコンバータで青墨を吸わせているが、純正同士の組み合わせということもあり、1年以上たった今ではまさに絶妙の書き心地。高橋の手帳では裏抜けもない。

R0012280.jpg

ただし、仕事や読書ノートはツバメの8mmということもあり、細字のペン先では物足りなさも感じる。中字で国産のペンは数多くあるが、最後に候補として残ったのはProfit 21 (M)とPilot Custom Heritage 921。Custom Heritage 921を候補に挙げたのは(W)ウェーバリーがあるから。

ではなぜProfit 21 (M)にしたのか。実はたいした理由はない(笑)。しいて言えば、青墨が大変気に入ったので次は極黒を試してみたいと思ったからだ。そこでひとまず、Profit 21 (M),さらに極黒とジェントル・インク(BB)をそれぞれカートリッジで購入した。

最初にジェントル・インク(BB)を試す.想像以上になめらかな書き心地。柔らかくすべるようにペン先が走る.ただ...太い。(F)より太いのは当たり前であり、そのことを期待もしていたのだが、ペンの個体差なのか予想以上にフローが良い。さらに字が汚いせいもあり、漢字を書くと完全に字が潰れる印象。

噂には聞いていたが、ジェントル・インク(BB)は...黒い。間違えて付属のブラック・インクを入れてしまったかと思ったほどだ。このジェントル・インク(BB),書き出し直後の色はとてもきれいなのだが,一晩経過した後で見てみると,いまひとつ存在感に乏しい印象。いずれにせよ、カートリッジ1本使ってみてから常用インクにするかどうか判断したい。。

run-of-the-mill: ありきたりの

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
le CarreのA Most Wanted Manに以下の表現があった。

Issa is just an ordinary, run-of-the-mill spy's son like me, on his way to claim his dirty legacy from me, ... 「イッサは,私と同じくごくふつうの,ありきたりのスパイの息子で,汚れた遺産を引き出すために私のところに向かっている。...」

英英辞書の説明は以下の通り。
Cobuild:
A run-of-the-mill person or thing is very ordinary, with no special or interesting features.
I was just a very average run-of-the-mill kind of student...

OALD:
ordinary, with no special or interesting features a run-of-the-mill job
I didn't want to do just a run-of-the-mill job.
These should be run-of-the-mill problems to the experienced manager.

Wiktionary:
From 1922; from the fact that product produced by a mill should be uniform and like that of any other similar run.

さて、この「mill」だが、辞書を見てみると、時の試練を経るとか、つらくてネガティブな表現が多いことに気づく。

『新英和大辞典 第6版』:
Much water runs by the mill that the miller knows not of.
《諺》 人の知らぬ間にいろいろな変化が起こるもの.

『新英和中辞典 第7版』:
The mills of God grind slowly.
《諺》 天の報いは遅い(かもしれないがどんな悪事も必ず罰せられる), 「天網恢々((てんもうかいかい))疎((そ))にして漏らさず」.
through the m*ll 苦しい経験をして, 厳しく鍛えられて
・go through the mill 苦しい経験[厳しい訓練]を経る
・be put through the mill 厳しく鍛えられる

『リーダース英和辞典 第2版』:
No mill, no meal.
《諺》 'まかぬ種は生えぬ'.
A mill cannot grind with the water that is past.
《諺》 通り過ぎた水では水車も粉はひけない《過ぎ去った時間は使えない[過去の幸福は戻らない]から現在に生きよ》.

「mill」の語源は、『ジーニアス英和大辞典』によると、ラテン語の「mola(石うす)」で、基本的な意味は「製粉機」や「製粉所」,「水車場」などである。ちなみに英単語にも「mola」があり、こちらは魚の「マンボウ」をさす。手元の辞書には詳しい説明はないのだが、ラテン語の「mola(石うす)」とは関係あるのだろうか。マンボウの姿かたちから、想像できなくもないのだが。

NTP Serverとの通信設定 (Ubuntu編)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
$ sudo dpkg -l | grep ntp
$ sudo apt-get install ntp
$ sudo ntpdate ntp.nict.jp
$ sudo vi /etc/ntp.conf

server ntp.nict.jp

$ sudo ufw allow 123
$ sudo ufw status
$ sudo shutdown -r now

$ sudo ntpq -p

remote refid st t when poll reach delay offset jitter
=================================================================
*ntp-a1.nict.go .NICT.1 u 229 512 337 1.775 -1.229 2.591

A Perfect Spy by John le Carre

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

この本を最後まで読み切った人間がはたして何人いるのだろうかと思わせる長さである。

当然と言えば当然だが、相当の英語力を持つ日本人でも読み通すのは大変で、1冊読み切るのにこれほどエネルギーのいる作品もないのではないか。

内容自体はルカレのほかの作品とは異なり、ルカレ自身の自叙伝ともいえ、文体と同様に複雑である。

しかし、このような作品が英文であれ日本語であれ、読めるというのは幸せなことだ(それを幸せと感じること自体が日本人としては少数に属すると思うが)。

読むのが大変だと感じる場合は、DVD版を先に見ることをお勧めする。

『アシェンデン―英国秘密情報部員の手記』

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

『人間の絆』と同様に、人間観察の鋭さは相変わらずであり、読者を飽きさせないストーリー展開もさすがである。モームの手にかかると、諜報活動にかかわる人間たちも所詮は単なる小説の材料でしかないということだろうか。Double Cross: The True Story of the D-Day Spiesなどでもそうだが、諜報活動に携わる人間のすべてが専門教育を受けているわけではない。感心するのは、中には社会のお荷物としか思われない人間たちを諜報員として登用し、叱咤激励し、時には脅しながら操る、英国支配層の管理者としての才覚だろう。


印象に残った個所はいろいろあるが、一つ上げるとすれば「売国奴」のラストシーンだ。飼い主のいなくなった犬の悲しみを帯びた遠吠えと、それを聞いてすべてを悟り、一人静かに町の中に消えていく女。牧歌的な描写が後ろへ退き、暗く冷たい諜報世界の闇が顔をのぞかせる瞬間だ。

Bashに脆弱性見つかる

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

複数の海外メディアによると、Bash (Bourne Again Shell) に脆弱性が見つかったとのことです。

The New York Timesの記事によると、この"Shellshock" と名付けられた脆弱性は20年以上にもわたり見つかっていなかったため、皆驚いているとのことです。

同紙によると、この脆弱性により、「世界中の数億台のマシンが制御可能になる恐れがあり、Macや、さらにはAndroidを使用するスマートフォンも含まれる可能性がある」ということです。

NIST (National Institute of Standards and Technology) によると、"severity"、"impact" および "exploitability" の観点からみたときの脆弱性評価は10/10です。一方で "complexity" の数値が低いため、ハッカーは容易に使用できるということです。


記事の最後には、コロンビア大学の教授でコンピュータ・サイエンスが専門のSteven M. Bellovin氏の言葉を紹介しています。

「品質を保つには手間や設計、評価、試験が必要であり、これらはコーディングほど楽しくはない。オープンソース・コミュニティでこれらのスキルが育たなければ、品質競争においてさらに後塵を拝することになる。」

それにしても、20年以上も見つかっていなかったというのは驚きです。C Shellは大丈夫なのか。

ブログ再開のお知らせ

  • 投稿日:
  • by

忙しさにかまけてサーバの設定をさぼっていたので時間がかかりましたが、無事に移転が完了しました。

今後ともよろしくお願いします。